ジェネリックのカマグラと先発薬のバイアグラ。効果には変わりがないといいますが、その他は何が違うのでしょうか?

海外医薬品で暮らしやすい生活

カマグラとバイアグラの違い

カマグラとバイアグラの違い

効果的には代わりが無いが、細かな点はいくつかあります

カマグラとバイアグラとの違いは、正直なところ成分的には全く同じである、シルデナフィルであるために変わりません。しかし細かな点では違いがあります。中でも目立つのはその費用です。カマグラは、バイアグラの定価の約3分の1ほどとその圧倒的な価格に差があります。これほど安くてもいくつもメリットがあります。

まずは、ジェネリック 医薬品であるので、新薬のバイアグラとは違って、開発費用や研究にかける費用がほとんど必要ありません。必然的に価格が下がります。インドにある大手の製薬会社であるアジャンタファーマ社が製造していますが、そのインドは医薬品の成分特許を認めておりません。どういうことかというと、日本やその他のヨーロッパではその特許の期限が切れない限り、ジェネリック 医薬品を製造することができませんが、そういった問題がない分、圧倒的な価格で提供できます。

錠剤タイプしか無いバイアグラ。バリエーション豊かなカマグラ

バリエーション豊かなカマグラ

ジェネリック 医薬品ならではの良さがあります。カマグラの種類です。OD錠という服用した際にすぐに溶けてしまうものもあり、いちご、オレンジ、バイナップル、バナナ味があります。ゼリー状でできたゼリー薬もあります。体内での吸収をしやすくし、そのうえでとても飲みやすいように加工をしてあります。キャラメル、ラズベリー、ライチ、キウィ、グリーンアップル、グァバ、イチジクといった7種類の味が楽しめます。

カマグラの発泡剤

他にもコップの中に1杯分の水を入れそこに錠剤を入れると、発砲する発泡剤もあります。オレンジ味のみとなりますが、幼いころに風邪などのときに飲んだシロップに近いものです。いずれにしても、フルーツ系の味を含むことで水がなくても服用でき、体内でより効率的に吸収できるよう改良してあります。

服用方法も理解する必要があり、OD錠の場合、経口する際、舌の上にのせ、よく溶かしてから飲み込むか、口の中でかみ砕くようにして服用します。ゼリー薬は、1パックにゼリー状のカマグラを絞り出すよう吸い出して経口して服用します。発泡剤は、コップに水の中に入れて発砲剤をよくかき混ぜてながら溶かしてから服用します。

服用のタイミングは同じです

そもそも、体内の腸でバイアグラと同じ成分であるシルデナフィルを大部分を吸収しますが、空腹のときに服用するよう注意喚起されています。バイアグラのジェネリック 医薬品であるカマグラも同じ特徴があります。そのため空腹のときに服用しなければ、効き目が弱まったり、効き目がなかったりする場合があります。

カマグラはバイアグラと比較して、価格が低いのが魅力

価格が安いカマグラ

先にも記述をした通りアジャンタファーマ社製のカマグラは、日本の国内でバイアグラを入手する場合と比較して、大変価格が安く約3分の1ほどの価格で入手できます。バイアグラの1錠あたりの定価は、1,500円です。カマグラの1錠あたり定価は、575円です。この定価からさらに数十%の割引があるので、通販サイトから購入した場合よりユーザーのお財布に優しい価格となるのです。

海外医薬品は確かな品質と安さが魅力的で、カマグラのような日本では販売されていないジェネリックも購入できるため、人気が高まっています。もちろんバイアグラを購入したい場合も、海外で販売されている価格で購入できるので、より実績の高いものを選びたいのであれば先発薬を選び、購入できますので安心感も得られます。

カマグラの通販