カマグラは日本でも知名度を上げているバイアグラのジェネリック医薬品です。同等の効果を持っており、しかも安価に購入できます。

海外医薬品で暮らしやすい生活

カマグラの効果と副作用

カマグラの効果と副作用

日本でも人気が高まっているカマグラ

カマグラは、バイアグラと同じ効き目のあるジェネリック 医薬品です。ここ数年間でかなり日本国内で知名度を上げています。バイアグラと同じ成分でも価格が約3分の1ほどで経済的なため人気が急上昇です。EDの症状を改善するため、陰部の周りの血流が少なくなっている血液の量を増やして勃起力をを強めます。

日本の国内でもインドの製薬会社が製造と開発を行ったバイアグラのジェネリック医薬品は需要は年々増えており、どの薬も同じ成分ということから、特徴に差がなく、自分自身の症状に相性が良いかどうかで使い分けます。成分はとても水に溶けやすく、吸収力が高いため、空腹のときの服用が効果的です。 よく専門の医療機関の医師や専門のスタッフからも注意を促されると思うのですが、食事をしたあとやアルコール類といったお酒を飲んだあとに服用すると効き目が弱まるので避けるべきです。

主にはたらきかける特徴は、EDの症状を改善するためであり、陰部の周りの血流が少なくなった状態からその血液の量を増やして、弱まった勃起力をを強めます。陰部の周りには、勃起を抑える酵素があり、その酵素は、本来筋肉の緊張をゆるめて、血管を拡げる特徴を分解して弱めます。弱まった特徴をカマグラではたらきかけると血管を狭めた分、血流の流れが少なくなることを抑えてEDの症状に改善は図ります。

カマグラの服用方法と副作用

カマグラの服用方法は、性行為のおよそ30分くらい~1時間くらい前に水やぬるま湯で服用します。効き目は続くおよそ4時間~5時間ほどで、その間であれば性的な刺激や興奮があれば何度でも性行為が繰り返せます。服用できる限度量は、1日で100mgまでであり、再度服用したい場合、24時間以上の間隔を空けてから服用します。副作用は、顔のほてり・鼻づまり・頭痛・胃もたれ・動悸・めまいなどが多く発症する報告がされています。

併用できない禁忌薬があり、狭心症と不整脈の薬であるニトログリセンリン系の硝酸剤、アンカロン錠は併用でき兼ねます。さらにアルコール類、カフェインを含む飲料、グレープフルーツをはじめとする柑橘系のフルーツは、食べ合わせが悪く副作用が強く出てしまう場合があります。

バリエーションが豊富です

バリエーション豊富なカマグラ

カマグラは、4種類の形状があります。一般的な錠剤と、吸収しやすいように加工したゼリー薬、飲みやすさに磨きをかけた発砲剤、口に入れただけですぐに溶け始めるOD錠があり、成分をより身体に吸収されやすくするよう開発されました。錠剤以外はバイアグラとは種類が異なるため、バイアグラと同じはたらきかけがあるとは言い切れませんので注意です。

インドの大手製薬会社が製造しています

インドの大手製薬会社

カマグラは、インドの大手の製薬会社であるアジャンタ ファーマ社が製造と開発を行っています。インドだけでなく世界的に有名であり、ED治療薬や他の症状のジェネリック医薬品などを世界的に25ヵ国で販売してます。先のカマグラゼリーなどももちろん、アジャンタファーマ社製の商品です。

カマグラは現在国内では承認されていない医薬品ですので、購入するためには海外医薬品通販を使わなければ現状、購入が出来ません。しかし今では多くの通販サイトが存在し、人気を博しているサイトもあります。海外医薬品と言うこともあり、多少の不安があるかもしれませんが、口コミなどをみて見るとなかなか参考になるものばかりです。

こういった口コミなどを参考にし、最後は自身の判断になってしまいますが、ぜひカマグラを購入してもらいED改善にはどれほどの効果があるのか?それを感じていただければと思います。またバイアグラとの違いがあるかどうかを見つけるのもいいかもしれません。

カマグラの通販