チャンピックスは禁煙治療薬になります。ニコチンを使わず治療を行います。副作用でEDになる確率とはどの位なのか。

海外医薬品で暮らしやすい生活

チャンピックスの副作用でED?

チャンピックスの副作用でED?

チャンピックスの副作用は胃腸障害や精神障害、神経系障害といった広範囲にわたり副作用を発症します。喫煙をする事で男性ホルモンが増えるという事が最近研究で分かりました。しかし喫煙は男性ホルモンが増える事で体に様々な悪影響を及ぼすとも言われています。男性ホルモンの働きは以下のような働きがあります。

  • 男性器の形成と発達
  • 筋肉増強
  • 性欲亢進

特に性欲亢進は男性にとってとても大切な要素だと思います。しかし残念な事に、喫煙によって男性ホルモンが増加し性欲が増しても、喫煙する事で、末梢の血流が低下し、長期的に喫煙し続ける事でED(勃起不全)や脱毛症など悪影響を及ぼす事があるのです。

チャンピックスの副作用でEDになる確率

薬には必ずといっていいほど副作用がついてきますよね。チャンピックスにも副作用があります。主な副作用は消化器官からくる吐き気が多く報告されています。他にも異常な夢を見たりする可能性もあるようです。しかし吐き気、頭痛、異常な夢などこういった副作用はチャンピックスの代表的な副作用になり、発症率はよく現れるといわれています。また性欲減退やED、他には鬱のような症状、睡眠に関する症状などもチャンピックスの副作用にも含まれているのです。しかしながら生殖器系の性欲減退の発症率はごくまれといわれています。

ですので、なる場合もありますが、非常に確率は低いので心配する必要はないといえるでしょう。もし症状が強く出てしまい辛い時は、チャンピックスの量を半分に減らすなどの調整してみるのも1つの手段になります。禁煙の効果さえ続いていれば、量を増減しながらチャンピックスの服用を継続し禁煙治療が進められるとよいですね。

ニコチンを含まない治療薬

チャンピックスとは従来品で禁煙をできなかった方にお勧めの薬になり、肌に直接貼るニコチンパッチやニコチンガムなどニコチンを含んでおらず、バレニクリン酒石酸塩を主な成分とした禁煙補助の治療薬になります。喫煙者はタバコを吸うことで肺を通してニコチンが血中から脳に行き渡り、快楽物質であるド-パミンを分泌させるようになりタバコを美味しいと感じさせます。

ニコチンパッチやニコチンガムはニコチンを配合しているため、タバコを吸ったときのような同じ状態にし喫煙を止める方法になります。吸ってはいないものの、ニコチンを摂取していることには変わりがなくニコチンから離脱することは難しく、禁煙成功率があまり高くありませんでした。

喫煙を続けることは喫煙者自身の健康を大きく害することになり、病気の原因にもつながり喫煙者の周囲にいる人への健康被害もあります。誰にもメリットがないため出来ることなら早めに禁煙をすることが大切になります。タバコを長期間吸う事でニコチンに依存するようになってしまい、これが禁煙を難しくしている原因にもなります。

高い依存性があるニコチン

高い依存性があるニコチン

コカインなどの禁止薬物に比べても依存性が高く、離脱するのに辛さや苦痛を感じてしまうことも多くストレスになってしまうことも少なくありません。ニコチンは肺に入ったタバコの煙に含まれており、血中に入ることで脳に作用しタバコを美味しいと感じさせたり、快楽と感じる脳内神経物質のドーパミンを分泌させ、依存度合いを高めてしまうことになります。

従来品の禁煙補助の薬ではニコチンが配合されているためタバコを一時的にやめることができても身体はニコチンから離れられません。一定の期間をおくと喫煙欲が湧いてしまい、止められてはずのタバコを再び吸うようになってしまいます。そこで新しい選択肢としてニコチンを含まないチャンピックスを使用するのです。

効率の良い禁煙方法

効率の良い禁煙方法

チャンピックスはバレニクリン酒石酸塩が脳内にあるニコチン受容体に作用し、喫煙するよりも少量のドーパミンを分泌させることができるようになります。ニコチンを摂取することなくニコチンから離脱できるため成功率も非常に高く、また禁煙開始から最も辛い時期である最初の1週間におこる離脱症状なども緩和することができ、禁煙の辛さや苦痛を和らげることが可能になります。

国内では初めてとなる内服薬であるため禁煙の新しい選択肢の1つになり、喫煙欲も抑えられることから人気の高い薬になります。医療機関にいき、ブリンクマン指数などの一定の条件を満たすことで保険適応もあるため治療費用を抑えることもでき、医師の適切なアドバイスをもらいながら始められるのでより成功率を高めることができます。

ニコチンの結合を止めるため服用開始からタバコを吸っても満足感などを得なくなり、禁煙をすることができます。成功率も非常に高く、服用者の約70%が禁煙できているのでこれから禁煙を始めようと思っている方や禁煙の薬で失敗してしまった方でも禁煙生活を始めることができます。

チャンピックスの副作用

最初の1週間は副作用が起こり、吐き気や便秘、食欲の低下など胃や腸に症状がおこり、10人に1人の割合でおこると言われています。ニコチンから離脱することでおこる症状とも言われているので特に心配する必要はありませんが、長く続いてしまう際には医師へすぐに相談して下さい。喫煙者以外にも周囲に対する健康被害もあるので、できるだけ早めに禁煙治療を行うよう勧めます。特に吐き気に関しては多くの方から報告をされているようです。そのため食後に服用を行うようにして下さい。

もしチャンピックスを服用した後に、副作用で眩暈や意識が朦朧とする事が起きた場合は車の運転を避けましょう。副作用があまり出ない方もいますが、強く出てしまう方もいます。その時は、大事故に繋がってしまいます。

チャンピックスの飲み方

チャンピックスは禁煙する為の治療薬なのに実は最初の1週間はタバコが吸えるのです。最初の1週間は0.5mgを服用します。しっかり毎日服用する事で、自然とタバコの味が不味く感じるようになります。そこから1mgに量を増やし3ヶ月経つ頃には禁煙に成功できるでしょう。タバコが美味しいまま禁煙するのは辛いですが、不味くなってくれるのならば吸いたい気持ちもなくなり、ストレスなく禁煙できそうですよね

チャンピックスの飲み忘れについて

うっかり飲み忘れてしまう方いますよね。そのような時は飲み忘れた分を飲んだり、まとめて2錠飲んだりするのは止めましょう。今まで通り朝晩の食後に1回ずつ服用して下さい。短い間に2回分飲んでしまうとドーパミンのバランスが乱れてしまいます。1つだけ注意して欲しいのは次に服用するまでにタバコがもし吸いたくなってしまっても我慢する事が重要です。

チャンピックスの飲み合わせ

チャンピックスの飲み合わせ

チャンピックスは他のニコチン製剤とは一緒に服用が出来ません。理由としては、チャンピックスはニコチンを含まない薬で更にはニコチンを不味く感じさせるのです。その為、ニコチン製剤を一緒に服用してしまうと副作用が出てしまう可能性があるのです。他には胃薬、血栓の薬、喘息の薬なども副作用を強くなる原因にもなってしまいますので注意しましょう。

チャンピックスの保険適用について

禁煙外来がありますが、そこでは果たして保険が適用されているのでしょうか?実はされているのです。ちなみに医療機関が保険適用で治療を行う為にはいくつかクリアしなくてはいけない条件があります。他にも35歳以上の方は1日の喫煙本数×喫煙年数が基準を超えていないと適用されません。適用されないと3ヶ月で6万程かかります。禁煙外来に通うのも良いですが、12週の治療期間があり、5回も治療を受けに行くのです。1度禁煙外来に通ったものの途中で通院をやめてしまって気まずい方や、病院に行く時間がない方は通販でも病院と同じチャンピックスが販売されています。その上診察も受けなくてよいので忙しい方にはおすすめです。通販ですと、1錠あたりが256円で、まとめ買いをすると24錠で6400円になります。値段も禁煙外来とほぼ変わりません。さらには3ヶ月で禁煙の成功率は68%です。簡単に購入出来るなら使用してみたいですよね。

チャンピックスの購入方法

チャンピックスは医療機関で保険適用出来る医薬品と記述をしましたが、もしも保険適用できなかった場合非常に高額になってしまいます。そこで利用したいのが海外医薬品通販です。割安で購入できるため、需要が高まっています。もちろん効果にも違いはありません。元々はファイザー製薬の薬です。ですので安心して下さい。こういった方法でもチャンピックスは利用できるので、ぜひ禁煙にチャレンジしてみて下さい。

カマグラの通販