ニコチンがどのように依存してしまうのかというと、脳内で作用しドーパミンを放出させるためです。違法薬物よりもその指数は高いといいます。

海外医薬品で暮らしやすい生活

ニコチンによる禁断症状

ニコチンによる禁断症状

依存性が非常に高い

タバコに含まれている成分の1つであるニコチンは、タバコを吸わずにはいられない状態を作るほど依存度が高く、覚せい剤やコカインなど使用の禁止される薬物と比べても依存性の高さが指摘されています。ニコチンは長期的に喫煙などを続けた場合、禁煙が続かなくなるほど困難な状態に陥り、吸わずにいられない症状がものの数日で起こってしまいます。そのため喫煙者のほとんどがこの離脱症状に耐えれなくなり、禁煙ができないです。

ニコチン以外にも有害物質がたくさん

タバコを吸ったときに取り込まれる成分は、多くの化学物質も含まれ、4000種類を超えるほどです。タバコの箱に記載される発がん性物質は60種類以上含まれています。1日にタバコを吸う本数や喫煙期間により、その身体に与える負担は増減しますが、タバコを吸わない人と比較すればその危険性は非常に高いです。タバコを吸う人ばかりが健康を害するわけでなく、その周囲の人も健康に害する恐れが非常に高くなります。タバコを吸った際、周りに降り注がれる煙などの副流煙によってその状態が長く続けば、健康被害を被ります。

脳内で作用することを抑える

脳内で作用することを抑える

どうしてもたばこが止められない理由は、脳の働きにも原因があります。タバコを吸う人は、多く含まれる成分のニコチンが脳の中にある情報を伝達する物質(受容体)と結びつき、脳内で働く脳神経伝達物質のドーパミンを分泌されると言われています。ドーパミンは、主に人間の幸福感や快感・快楽などを司るため、タバコを吸えば吸うほどその快感やそのおいしさが増して、長期間吸うともうどうにも抑えが効かなくなるほどの依存性の強さが起こります。

ドーパミンという脳内の神経伝達物質をより詳しく示すと、タバコを吸ったときのニコチンは血液の中にほんの6秒~7秒という早さで循環し脳の中枢神経に興奮を与えます。その興奮によりドーパミンという脳内神経伝達物質が促され分泌されます。その際に、幸福感や快感・快楽などに思う気持ちがどんどん高揚されていい気分になります。

ニコチンへ依存してしまう流れ

ニコチンへ依存してしまう流れ

脳内の情報が行き来する組織(ニューロン組織)の一部となるニコチン受容体はニコチンが身体に入り込んでくると結びつきが強くなり、依存する神経細胞と結びつき、ドーパミンを分泌させます。その作用は約30分ほどとあまり長く続かないので、幸福感や快感・快楽などの気分を得るために再度タバコが欲しくなり、繰り返し求めるようになって習慣化していきます。

タバコを吸うと脳がニコチンによって平常な状態に戻ると思い込ませ、それを繰り返すことがニコチンの依存性といい、禁煙できない最大の理由に該当します。タバコを吸うことはニコチンによるドーパミン分泌を狂わせて、その分泌量が減少すれば落ち着かなくなったり、イライラ感が出たり、集中力の低下するなどの症状が起こり、ニコチンに頼ることにつながっていきます。

チャンピックスも脳内物質に作用する

チャンピックスも脳内物質に作用する

禁煙を成功させるためには、この離脱症状を何とかして克服しなければなりません。ここ数年の間にその症状にストレスを感じるもなく、禁煙の成功率が70%とも80%とも言われる治療薬が登場しました。チャンピックスと言われる禁煙治療薬であり、服用すれば禁煙を成功させるチャンスがより近づける画期的な薬です。

チャンピックスもまた脳内に作用し、ニコチン受容体へ結びつきドーパミンを分泌させられます。しかもニコチンよりも早くです。そのため、禁煙したときに起こる恐れがある離脱症状(落ち着かなくなる、イライラ感が出る、集中力の低下するなど)を抑えられます。ニコチンが身体に吸収されたときと同じ幸福感や快楽・快感を得られるようになり、個人に差がありますが、5週間~8週間ほどで、タバコを吸いたい気持ちを抑える効き目があります。本気でタバコを止めたい方にはお勧めです。

カマグラの通販